作業員

ビルの省エネで無駄な部分を全てカットする秘策

  1. ホーム
  2. ゴミから電気を生み出す

ゴミから電気を生み出す

エコ

廃材や残飯がエネルギーに

地球に優しい電力生産方式といえば太陽光発電や風力発電などが有名ですが、これらと並ぶ再生可能エネルギーとして認められているのが、バイオマス発電です。バイオマス発電は、生物に由来するさまざまな有機ゴミなどを燃焼して電力を得るシステムです。燃料となるのは間伐材、建築廃材といった木材から家畜の糞尿、下水汚泥、残飯に至るまで多種多様です。また、トウモロコシなどの植物を発酵させて作ったエタノールもこれに含まれます。バイオマス発電に使われる燃料は、そのほとんどが元々は廃棄物として処分されていたものです。それを資源とするわけですから、ゴミの減量とエネルギーの生産という2つのメリットが同時にもたらされます。また、太陽光発電等と異なり、気象条件や地理条件を問わずに安定した電力が得られるとして人気があります。

工場などにも設置可能

バイオマス発電には、燃料を直接燃やす方式と熱分解する方式とがあります。まず直接燃焼方式は、先述したような有機ゴミを燃やして水蒸気を発生させ、この力で発電タービンを回します。もう一方の熱分解方式は、原料を蒸し焼き状態にすることで発生する熱分解ガスでタービンを回します。このうち直接燃焼方式は大がかりな装置が必要なため、一定規模の地域が共同で発電所を設置する際によく用いられます。これに対して熱分解方式は、比較的小さなプラントでも発電が可能です。そのため、食品加工工場や製材所などに設置し、廃棄物の処分を兼ねながら自家発電によって電力を得る目的に使用することができます。余剰電力は売電することも可能です。