男女

ビルの省エネで無駄な部分を全てカットする秘策

大幅なコスト削減効果

ビル

自然の力を利用する

企業で使用する光熱費は一般家庭とは異なりかなり高額になります。自社ビルなどを所持している場合には、ビル全体の光熱費の使用量だけで数百万円になることも珍しくないのです。コスト削減を徹底して行う事が企業の利益体質強化の方針になっている今、光熱費の削減も大きな課題になっています。省エネを呼び掛けても効果は少ししかありません。そのため自社ビルのような場合はビル全体の光熱費を削減できる仕組み化を実施することが大きな改善にもつながります。省エネの設備に取り換えるなどイニシャルコストはそれなりにかかりますが、数年で元を取ることができるなどメリットはかなり大きくなっているのです。ビル全体の省エネを設備で改善させることが効果的なのです。

心理的効果も実現できる

省エネの方法は様々です。照明はLED電気を使用したものに交換して、電気料金の節約にしたり、反射板などを活用して暖房費や冷房費用の節約につなげることができます。温度設定を変更する事で硬化も得られますが、設備で工夫すると、一人一人の意識や我慢などを介さずに省エネを実現できるようになります。ビル全体を緑化することも最近の話題です。夏の冷房費用は、かなり高額なコストになります。しかし緑化することで周囲の温度を数度下げることができるのです。そのため、冷房に関わる光熱費を自然の力によって大幅に改善させることができるのです。省エネ効果を利益に還元することで社員の意識も高まります。そのため、光熱費の削減状況を開示することも心理的効果を生み出します。

ウーマン

プロによるプランの策定

ビルの大規模修繕は多額な費用がかかるものの避けられないのも確かです。プロに相談して修繕計画を立ててもらうことにより、修繕時期と積み立てに必要な予算が明確になるので、運用資金を十分に確保して企業の成長を促すこともできます。

女の人

できることから始めよう

企業はコスト削減のために、いろいろと工夫しているものです。他社の情報を参考にしてみるのもいいかもしれません。特に行いやすいのは光熱費の節約です。ノー残業デーを作るなど、効率的な方法を考えてみましょう。節約には様々な設備の利用も効果的です。

エコ

ゴミから電気を生み出す

バイオマス発電は、建築廃材や糞尿、食品廃棄物などを燃やすことによって発電タービンを動かし、電力を得るシステムです。再生可能エネルギーの1つとして位置づけられており、ゴミの減量にも貢献することから注目されています。